昔のiPhone

iPhoneが最初に登場した頃にはどのような機能があったのでしょうか。まず、初代iPhoneが登場したのは2007年のことであり、これは日本では発売されていません。そのため、存在は知っていても実際に使ったことがないという方がほとんどでしょう。初代iPhoneというのは通話機能とインターネット、電子メールの機能を併せ持っていて、従来のガラケーとは異なる新しいタイプの端末として発表されました。カメラ機能はあったのですが、実は初代のiPhoneには動画機能はありません。

ただし、初代のiPhoneからすでにタッチ操作ができました。これが大きな話題となったのです。最初はタッチ操作については懐疑的な見方がたくさんありました。そのようなものが流行るわけがないと思われていたのです。それが今では多くの方がタッチ操作によってスマートフォンを扱うようになっています。

iPhone3Gから日本でも発売されるようになりました。ここからGPS機能が搭載されるようになりました。これによって、地図のアプリと連動することが可能となりました。また、こちらからiPhone用のアプリをダウンロードできるサイトが登場したため、自由にアプリを選べるようになりました。このように最初の頃の時点ですでに今のiPhoneの特徴的な機能は揃っていたのです。